文字
サイズ

ホーム > 先生からみんなへ > 3月コラム 努力するということ

3月コラム 努力するということ

どうもこんにちは。

のすけ です。

もうすぐ春だというのにあまりの寒さにタイツが手放せません。このコラムも自室で毛布にくるまりながら書いています。

さて、受験生のみなさん。勝負の2月がとうとう終わりましたね。まずはお疲れ様でした。みなさんが夜遅くまで熱心に勉強し、合格したいという強い気持ちで勉強していたことは我ら教師陣にも良く伝わりました。結果は人それぞれではありますが、自分のした努力というのは決して無駄にはなりません。僕も受験生であったころはそれなりに努力をしてきたつもりです。そして、その時自分はこれだけ頑張れたんだぞということが自信になっています。この経験と自信はなかなか得られるものではありません。大切にしてください。そして4月から迎える新しい環境を思う存分楽しんでください。

これから受験を迎える皆さん。キュリアスの先輩の気合い、覚悟、そして合格のためにどれだけ頑張っていたのか、何となくは感じ取った人も多いと思います。そしてそれに刺激を受け、少しずつ自分の勉強への意識を変えてきている人も多いと思います。それはとても素晴らしいことです。違う学年が一つの教室にまとまって勉強するキュリアスならではの良い風潮なのかなと思います。

しかし、あえて厳しいことを言わせてください。あなたは正しい努力ができていますか?某スポーツ選手の言葉に「努力は必ず報われるわけではない。適切な努力を適切にした人が報われるのだ」というものがあります。

僕が一念発起して勉強を始めたのは、完全に周りの雰囲気にのまれたためのやる気でした。そのため、ただがむしゃらに量をこなす行為自体に満足してしまっていました。この教科のこういうところを伸ばそうとか、この大学に入ってこれをしたいんだというような目的意識が欠けていました。

もちろん、勉強を全くしてなかったかつてより成績は伸びました。しかしあるとき伸び悩み、やる気がなく惰性で勉強する時期がやってきてしまい、ずいぶんと悩んだことがありました。これは非常にもったいないことです。どうせやるからには、常に強くなっている実感があった方が絶対に楽しいに決まっています。

ここであなたに問います。あなたが勉強をしている理由は何ですか?今どうしてその科目を勉強しているのですか?少し考えてみてください。これさえ定まっていれば、あとは実行するのみ。それ以外のサポートをするのが僕たちの仕事です。

一緒に頑張っていきましょう!

 

ページの先頭へ戻る

ページの先頭へ戻る

料金やその他ご不明点はお問い合わせください

  • 小学生講座
  • 中学生講座
  • 高校生講座
  • 英会話教室 (Curious Kids ABC)
  • 特設ページ
生徒の声