文字
サイズ

ホーム > 先生からみんなへ > 7・8月コラム 学習を助ける大きな力

7・8月コラム 学習を助ける大きな力

こんにちは、今年の4月からCuriousで教員をさせて頂いています金井健明と申します。
Curiousで受験を戦い、昔から希望していた医学部に進学し、現在医療の勉強に勤しんでいます。
みなさんに、受験を通して感じたことや気づいたこと、培ったものを伝えていきたいと思っていますのでよろしくお願いします。

はじめましての方も多くいらっしゃると思いますが、しばしお付き合いくだされば幸いです。

さて、皆さんは何に自信を持っていますか?
自己紹介を謳っておきながらいきなり質問かよ、と言わないでください笑
こんなことを聞いているのは、私の信条が、何事にも自信を持つこと、だからです。

楽しく生きるのに一番重要なのは、自分の力を信じることだと思います。
それは努力量や成功の体験、自分だけが知っている才能など、何に基づくものでも良い。
前向きな気持ちは行動を引っ張ります。

別にこれは学習面に限った話ではないのですが、一応塾のコラムということで、少し勉強の例を挙げてみます。
得意科目がある生徒は簡単です。その科目に絶対の自信を持てるくらいにブラッシュアップしましょう。無敵になれます。
少し難しく感じるのは、好きな科目が点数に結びつかない生徒です。そんな皆さんはその好きだという気持ちを大切に、未来の成長に自信を持ちましょう。とっても素敵ですね。

最後に、得意科目も好きな科目もねーよ!という皆さんに向けてです。
自分は数学と化学が苦手で、かつ大嫌いという、理系にとって致命的な弱点を持っていました。
結局受験直前まで彼らに足を引っ張られたのですが、いくつかの本番で助けられたのは数学でした。
数学では、思考の過程を解答用紙に書くことが許されます。

苦手な科目で、答えまでたどり着けないことが分かっているからこそ、普段から思考をわかりやすくノートに書き下すことを意識していたことが良かったのでしょう。

長々とすみません。何が言いたいかというと、皆さんが苦手科目克服のためにしてきた勉強量と分析は絶対に嘘をつかないということです。全ての事象には原因があるように、当然苦手にもなんらかの理由があるでしょう。それらをしっかりと分析し、考察することで、自分自身のより深い理解に自信を持てるようになりましょう。
なんだかかっこいいですね。

あと、何事も楽しくやれれば成長すると思います!
一緒に頑張りましょう。

駄文を最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

料金やその他ご不明点はお問い合わせください

ページの先頭へ戻る